映画

映画「キングダム」の動画を無料で見る方法 あらすじと見どころも紹介

2019年4月公開の日本映画「キングダム」の動画を無料で見るにはどうしたらいいか?

キングダム」は2019年(平成31年)4月19日公開。

『紀元前245年の秦。戦災孤児の少年・信と漂は、大将軍になることを夢見て剣術の鍛錬に励んでいた。ある日、漂は王都の大臣・昌文君によって召し上げられ、2人は別々の道を歩むことに。王宮ではクーデターが勃発し、漂は致命傷を負うが、信のもとにたどり着く。』

累計発行部数4,500万部の大ヒット漫画がついに実写映画化!エンターテインメント超大作の「キングダム」を無料で見るには「動画配信サービス」の無料体験期間を利用することをおすすめします。

無料体験期間が31日「U-NEXT」

「U-NEXT」はビデオ、ブック、雑誌、音楽。あらゆるコンテンツが楽しめる、オールインワン・エンターテイメントサービスです。

・無料体験期間は31日間

・31日間以内に解約すれば利用料金は「0円」

・無料体験登録で「600円分」のポイントがもらえる

・洋画・邦画の見放題は6,900作品

・海外ドラマの見放題は570作品

無料体験期間は動画配信サービスの中では最長クラスの「U-NEXT」。 「キングダム」を見るためには「550円」かかりますが、入会時に貰える「600円分」のポイント使用すれば実質無料で見られます。 また、無料体験期間が31日間もありますので、見放題作品である洋画・邦画の6,900タイトルや海外ドラマの570タイトルを料金を気にすることなく見ることが出来ます。 

31日間無料体験 「U-NEXT」の公式サイトを見てみる

 

31日間以内に解約すれば利用料金は「0円」です。無料期間と600円分のポイントを利用して「キングダム」を無料で楽しみましょう。

映画「キングダム」の予告ムービーとあらすじ

ここからは、映画「キングダム」の予告ムービーとあらすじです。

映画「キングダム」予告編

映画「キングダム」あらすじ

紀元前245年、中華西方の国・秦。戦災で親を失くした少年・信(山崎賢人)と漂(吉沢亮)は、大将軍になる夢を抱きながら剣術の特訓に明け暮れていた。やがて漂は王宮へと召し上げられるが、王の弟・成キョウ(本郷奏多)が仕掛けたクーデターによる戦いで致命傷を負う。息を引き取る寸前の漂から渡された地図を頼りにある小屋へと向かった信は、そこで王座を追われた漂とうり二つの王・エイ政(吉沢亮)と対面。漂が彼の身代わりとなって殺されたのを知った信は、その後エイ政と共に王座を奪還するために戦うことになる。

動画配信サービス「U-NEXT」の無料体験期間を利用して、歴史的超大作「キングダム」を体験してみましょう。

31日間無料体験 「U-NEXT」の公式サイトを見てみる

 

映画「キングダム」みどころ

ここからは、映画「キングダム」を見た個人的感想です。

映画「キングダム」はシリーズ化を見据えた作品

映画「キングダム」は、原作コミックでの1~5巻にあたる、反乱を起こした王弟成キョウとの対決までが描かれています。

キングダムという物語のいわば序章であり、映画自体も不自然な盛り上がり感を出すことも無く、あくまでも1作目という体裁を守っています。よくある漫画の実写映画にありがちな、無理やり尺に押し込み、映画自体がこじんまりしたスケールの無いものになってしまうのではないかと心配していましたが、どうやら全然大丈夫のようです。

おそらく2作目以降の製作も見越して作られているようで、原作を単調にまとめることもなく、ストーリーを忠実に淡々と描写している印象を受けました。

映画「ハリーポッター」のような、シリーズ化することを期待したくなる作品です。

注目の主要キャラクターの再現度

漫画キングダムが大ヒットしているひとつの理由として、主人公の「信」を始めとした主要キャラクター達の誰もが個性的で、そのキャラ独特の際立った魅力を持っていることが挙げられます。

漫画キングダムファンとしては、映画版のキャラ達がどこまで再現されているかが気になるところです。

主人公 信(しん)山崎賢人さん

本作の主人公である「信(しん)」は山崎賢人さんが演じています。

正直なところ、この配役を耳にして「あ~またね~」とは思いました(苦笑)

が、悪くないです!、いやむしろかっこいいです。

主人公の信は下僕の出身ながら、天下の大将軍になることを夢に日々剣の鍛錬を積んできた少年です。下僕という底辺から自分の実力だけで、武功を重ね出世していく信をどのように演じるのか個人的に注目していました。

そして、映画を見ての率直な意見として、山崎賢人さんは泥臭い役も見事にこなしてしまうんだなといったところ。

そして、驚いたのが戦闘シーンでの剣によるアクション。この戦闘シーンを見るだけで、彼が相当の練習を積んで、撮影に臨んだことが分かります。

えい政 と 漂(えいせい・ひょう)吉沢亮さん

えい政は後の始皇帝となる秦国の若き王。一方、漂は信の親友であるが、えい政と瓜二つなことから、えい政の影武者となり命を落とす悲劇のキャラ。

この2役を演じたのが、吉沢亮さん。

秦国の王であり、高貴な雰囲気を持つえい政と、下僕の出身ながらその目の奥に野望と大きな夢を持つ漂。

吉沢亮さんも凄いですね。

セリフを発さなくても、その表現力と雰囲気で、身分の違う2人を見事に演じきっています。

えい政は物語が進むと、王としての資質をどんどん発揮していきますからね。その時にどんな演技をしてくれるのか、早くも楽しみです。

楊端和(ようたんわ)長澤まさみさん

楊端和(ようたんわ)は山界の美しい女王。その美貌だけではなく、腕っぷしと剣の技術で山界の荒くれ者たちを一挙に束ねる漫画でも人気のキャラです。

この楊端和を演じるのは、長澤まさみさん。

個人的には、この配役がベストヒットしました。

圧倒的な剣の腕を持ちながら、常に冷静で静かに語る楊端和を見事に再現してくれています。

ひとことで言うと、綺麗でかっこいい!

王騎(おうき)大沢たかおさん

「秦の怪鳥」の異名を持つ伝説的な英雄である王騎。

映画化にあたり、一番に疑問に思ったのが実はこの配役でした。

原作では、巨人のようないで立ちで、周囲を圧倒するキャラである王騎に大沢たかおさんでは少し線が細いのではないか?と。

が、大沢たかおさんは体を大きくして撮影に臨んだようです。

さすがに漫画程の威圧感ではありませんが、充分に王騎をイメージさせる演技力はさすがです。

そして、王騎といえば、あの「おかま」のような喋り方ですね。

ちゃんと「ンフフフ」と笑っていましたよ!

映画「キングダム」Twitterでの評判

まとめ:映画「キングダム」の動画を無料で見る方法

動画配信サービス「U-NEXT」であれば、31日間の無料体験期間で貰える「600円分」のポイントを使用すれば実質無料で「キングダム」を見ることができます。

31日間以内に解約すれば利用料金は「0円」です。
無料期間の31日間で動画配信見放題サービスを体験してみてはいかがでしょうか?

31日間無料体験 「U-NEXT」の公式サイトを見てみる
こちらの記事もおすすめ!