映画

映画「空母いぶき」の動画を無料で見る方法 あらすじと見どころも紹介

2019年5月公開の日本映画「空母いぶき」の動画を無料で見るにはどうしたらいいか?

空母いぶき」は2019年(令和元年)5月24日公開。

『20XX年。波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、海上自衛隊は航空機搭載型護衛艦・いぶきを旗艦とする第5護衛隊群に出動を命じる。現場水域周辺でのミサイル攻撃や突如出現した敵の空母艦隊を前に、隊員たちは想定を越えた戦闘状態に突入していく。』

息もつかせぬ展開と壮大なスケールで描かれる「空母いぶき」を無料で見るには「動画配信サービス」の無料体験期間を利用することをおすすめします。

無料体験期間が31日「U-NEXT」

「U-NEXT」はビデオ、ブック、雑誌、音楽。あらゆるコンテンツが楽しめる、オールインワン・エンターテイメントサービスです。

・無料体験期間は31日間

・31日間以内に解約すれば利用料金は「0円」

・無料体験登録で「600円分」のポイントがもらえる

・洋画・邦画の見放題は6,900作品

・海外ドラマの見放題は570作品

無料体験期間は動画配信サービスの中では最長クラスの「U-NEXT」。 「空母いぶき」を見るためには「550円」かかりますが、入会時に貰える「600円分」のポイント使用すれば実質無料で見られます。 また、無料体験期間が31日間もありますので、見放題作品である洋画・邦画の6,900タイトルや海外ドラマの570タイトルを料金を気にすることなく見ることが出来ます。

31日間無料体験 「U-NEXT」の公式サイトを見てみる

 

31日間以内に解約すれば利用料金は「0円」です。無料期間と600円分のポイントを利用して「空母いぶき」を無料で楽しみましょう。

映画「空母いぶき」の予告ムービーとあらすじ

ここからは、映画「空母いぶき」の予告ムービーとあらすじです。

映画「空母いぶき」予告編

映画「空母いぶき」あらすじ

20XX年、12月23日未明。未曾有の事態が日本を襲う。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、わが国の領土が占領されたのだ。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じた。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》だった。計画段階から「専守防衛」論議の的となり国論を二分してきた《いぶき》。艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐。そしてそれを補佐するのは海上自衛隊生え抜きの副長・新波歳也二佐。現場海域へと向かう彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には敵の空母艦隊までもが姿を現す。想定を越えた戦闘状態に突入していく第5護衛隊群。政府はついに「防衛出動」を発令する。迫り来る敵戦闘機に向け、ついに迎撃ミサイルは放たれた……。

動画配信サービス「U-NEXT」の無料体験期間を利用して、戦後、日本が経験したことのない24時間を描く「空母いぶき」を体験してみましょう。

31日間無料体験 「U-NEXT」の公式サイトを見てみる

 

映画「空母いぶき」みどころ

ここからは、映画「空母いぶき」を見た個人的感想です。

「戦争をしない為の戦争」憲法9条のあり方を改めて問う物語

まず本作品は、激しい戦闘が繰り広げられるドンパチものを期待する映画ではありません。その証拠に戦闘シーンでのCGは決して綺麗な描写と言えるものではなく、迫力もいまいち伝わってはきません。

ただ、この手の日本映画の場合は予算の都合上致し方ないものであることは、過去の戦争映画を見ても分かるかと思います。

では、本作品の何を楽しむのか?

それは、出演している俳優さん達が演じる鬼気迫る臨場感です。

本作品のテーマは、「憲法9条のあり方」。

日本を窮地に追い込む敵艦を前にして、国を守るために存在する「自衛隊」が、防衛のための武力行使を行うべきか。

この戦後初の武力行使について、空母いぶきの艦長と副長である西島秀俊さんと佐々木蔵之介さんが激しく対立します。

目の前の敵に対して攻撃を主張する艦長とあくまで守ることを貫こうとする副長の対立をこのお二方は見事に演じきっています。

この2人の対立がまさしく、現実社会でもたびたび論じられてきた「憲法9条のあり方」の縮図となっており、本作品からのメッセージとなっています。

攻撃も守りも、実は目的は同じで「日本を守る」ということ。

日本を守るために戦争をすることが果てして「憲法9条」を否定することになるのか?

それとも、戦わずして日本を守ることが出来るのか?それは単なる綺麗ごとではないのか?

近い将来、日本国民全員が考えなければならなくなる、避けては通れない必ず訪れるであろう究極の選択を、空母いぶきという世界の中で描写している映画です。

現実的に、日本の領海を中国辺りに侵されても、警告程度しか発することが出来ない日本の自衛隊が、実際に攻撃された場合にどういった行動をとるべきか?武力行使が出来るのか?そもそも武力行使をしてもいいのか?

っていう、戦後ずっと問われてきた問題ですよね。

確かに、戦争映画としては物足りなく感じる作品です。

しかし、本作は戦争映画ではなく、「憲法9条」を題材とした政治映画であることを、映画終了後に認識し、改めて「自衛」、「戦争」、「憲法9条」を考えさせられる作品であると思いました。

うん、もう一度見たいですね。

次はもっと楽しめると思います。

映画「空母いぶき」Twitterでの評判

まとめ:映画「空母いぶき」の動画を無料で見る方法

動画配信サービス「U-NEXT」であれば、31日間の無料体験期間で貰える「600円分」のポイントを使用すれば実質無料で「空母いぶき」を見ることができます。

31日間以内に解約すれば利用料金は「0円」です。
無料期間の31日間で動画配信見放題サービスを体験してみてはいかがでしょうか?

31日間無料体験 「U-NEXT」の公式サイトを見てみる
こちらの記事もおすすめ!